社会人キャリアアップ連携協議会

MENU
文字サイズ

新着情報

ホーム > 新着情報一覧 > 2017年一覧 > 社会人キャリアアップ連携協議会平成28年度シンポジウム「人工知能時代のものづくり、ひとづくり」を開催しました。

社会人キャリアアップ連携協議会平成28年度シンポジウム「人工知能時代のものづくり、ひとづくり」を開催しました。

2月28日にホテルアークリッシュ豊橋 ザ グレイスにて、社会人キャリアアップ連携協議会平成28年度シンポジウム「人工知能時代のものづくり、ひとづくり」を開催しました。

このシンポジウムは社会人キャリアアップ連携協議会の主催で、企業関係者を中心に約120名の参加をいただきました。

基調講演では、「人工知能時代のインパクト~仕事、生活、遊び~」を演題に、カリフォルニア工科大学 下條信輔教授が講師を務め、近未来社会の姿や課題についてお話しいただきました。続いて、講演Ⅰでは、「人工知能時代の産学官連携~大学への期待~」と題して、榊会長が、IoTの産業界へのインパクトとそこで求められる人材像、そのような人材の育成・教育における大学への期待についてお話しいただきました。その後、講演Ⅱでは、「ものづくり経営と人材育成」と題して、豊川商工会議所副会頭 川合悦蔵氏が、東三河の柱であり、日本の活力を生み出してきた製造業の歩み・強みと、その伝統や強みがAI時代にどのように活かされていくのか、あるいは変わっていくのかをお話しいただきました。シンポジウムの最後に行われたパネルディスカッションでは、「人工知能時代のものづくり、ひとづくり」をテーマに掲げ、榊会長がモデレーターとなり、講演内容を踏まえ、人工知能がもたらす近未来社会や産業の姿と課題、そして人工知能時代に向けて東三河地域で取り組むべき課題(産学官連携によるインフラ整備、人材育成など)について、下條信輔教授、川合悦蔵氏、(豊橋商工会議所会頭)神野吾郎氏、(蒲郡商工会議所副会頭)鈴木康仁氏による議論が交わされました。

シンポジウム閉会の後には意見交換会が開催され、和やかな雰囲気の中、出席者の皆様にご歓談いただくことができました。

講演するカリフォルニア工科大学 下條教授

 講演する榊会長          講演する豊川商工会議所 川合副会頭

パネルディスカッションの様子

 


ページトップへ