社会人キャリアアップ連携協議会

MENU
文字サイズ

社会人キャリアアップ連携協議会について

ホーム > 社会人キャリアアップ連携協議会について > ごあいさつ

ごあいさつ

会長 榊 佳之

安倍政権が平成26年度に地方創生大臣を置くなど、少子高齢化の日本社会において地方の活性化は早急に取り組むべき課題です。ここ東三河でも「東三河県庁」、更に2015年度に設立された「東三河広域連合」などを通して、様々な取り組みがなされようとしております。

これらの地域活性化の新しい枠組みや施策を実のあるものにするためには多面的な取り組みが求められますが、「人材」は最も重要な要素の一つです。

新しい施策に沿った新たな人材の獲得は少子化の時代にあっては極めて厳しいことを考えますと、今いる人材が新しい時代に沿って変わっていく、進化していくことが求められています。

そこで、本「社会人キャリアアップ連携協議会」はこの地域が持つ「知」や「技」を広く地域の人材育成に生かし、この地域全体の活性化に貢献することを目指します。

具体的には、

  1. 地域の諸機関、諸団体などで行われている人材育成プログラムの連携を図り、この地域の人材育成活動の一層の活性化を図る。
  2. 上記の活動などを通して人材育成に対する地域のニーズやシーズをより明確化し、より効果的な人材育成プログラムの展開を目指す。また,可能であれば、専門家等からなる地域の「人材マップ」データベースを作成し地域活性化のための基礎資料に供したい。
  3. 将来的には、上記の活動などを通して,地域の活性化を目指す諸施策に対し、人材面などから戦略的にアドバイス、提案できる「シンクタンク」機能を拡充したい。

この社会人キャリアアップ連携協議会はこの地域が持つ「知」や「技」を広く地域の人材育成に生かし、この地域全体が自ら進化・レベルアップし、それが地域の活性化につながるための活動を進める所存です。産業界、大学、行政をはじめ、広く地域の方々のご理解とご支援をお願いいたします。

<榊会長の講演録 :平成28年6月22日 東三河産学官交流サロンにて>

ページトップへ